校長からのメッセージ

愛知県立旭陵高等学校ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、1948(昭和23)年に開設された愛知県第一中学校(現愛知県立旭丘高等学校)通信教育部を前身とし、1971(昭和46)年に通信制過程の単独校として誕生しました。高等学校通信制教育の創成期から築き上げてきた実績は豊富で、これまでに9033人が巣立っています。

 本校で学んでいる生徒の動機や理由は千差万別ですが、それぞれが高い目標をもって通信制高校での学習に臨んでいます。また、生徒の思いを実現させるために、すべての教職員が工夫して教育活動にあたっています。

 ところで、現代社会は情報化やグローバル化の進展が加速しており、私たちの生活や考え方も大きく変化してきています。学校教育においてもさまざまな学び方が広く認識されるようになり、通信制高校で学ぶ生徒は増加傾向にあります。こうした中、本校では、生徒が”自ら学ぶ”楽しさを体感し、自信を深める取組を進めてまいります。                                        

 公立通信制高校ならではの強みを生かした本校の魅力は次のとおりです。

1 一人一人にあったペースで高校卒業を目指すことができます

 最短で新入学3年間、転編入学1年間で卒業することができますが、自分のペースにあわせて何年でも在籍して、学習を続けることも可能です。時間をかけて学習したい人、特技や趣味に時間をかけたい人、仕事やアルバイトと両立させたい人など、それぞれの実態に沿って選択することができます。

2 面接指導(スクーリング)や行事は穏やかな環境下で行われています

 幅広い年齢層でさまざまな立場の人たちが、お互いに認め合い、助け合いながら学校生活を送っています。学習に対する意欲も高く、その姿から良い影響を受ける場面が随所に見られます。

3 生徒同士や教員との触れ合いを大切にする学校行事が多彩です

 希望する生徒が参加する行事や部活動を数多く実施しています。宿泊を伴う修学旅行、林間学校、スノーボード学校、校内で行う学校祭や生活体験発表会などに多くの生徒が参加し、新たな出会いの場となっています。部活動では熱心に活動して全国大会へ出場する生徒もいます。

4 必要経費の負担が少なく、安心して学習に取り組めます

 登録する科目数によって異なりますが、多くの場合、年間で必要となる経費は30,000円程度です。さらに、各種就学支援金制度や教科書代金等の還付制度により自己負担金が少なくなることもあります。

5 歴史と実績に裏付けられた大きな信頼を得ています

 本校で学んだ保護者やきょうだい、知り合いの方に勧められて入学する生徒が増えてきています。紹介者の方は自身の体験から本校の良さを実感されているからこそ、紹介していただいているものと考えます。学校にとって心強い応援団です。

 本校での学習のみならず、通信制についてはご不明な点も多いことと思われますので、いつでもお気軽にお尋ねください。

                                                       校長 平 尾 章 芳